山口県で占いは、レイカの占いの部屋。
Share |

在家得度について

Home » 在家得度について

レイカは、山口市の禅宗・洞海寺にて、在家得度(ざいけとくど)しました。

在家得度とは、現実の生活を営みながら、出来るだけ仏法の教えに沿った生き方をするということです。占いを通じて知り合う人々は、一様に『答え』を求めます。統計学によって視る「占い」は、人生の大きな潮流や方向性を見いだし、答えをだす手助けをする事は出来ますが、心を救う事は困難です。

この問題について深く考えるうちに、神仏の力を無視して人の心を救うことは出来ないのではないかと思う様になりました。

そんな想いを抱きながら占いを続けるうちに、ご縁があって出逢わせていただいた禅宗・洞海寺のご住職である、風光良仁和尚様の教えを受けて在家得度をする事を決心し、晴れて2007年7月10日に『麗光』という安名をいただきました。